メール inf@house-dr.or,jp 
子供が成長すると、2階で子供たちがふざけあうとか、ピアノ、エレクトーンを練習

し始める、また高齢で難聴になりテレビの音が大きすぎるとかで、現代の生活で

音は切り離せません。

何しろ音の快、不快は人により異なり、その対策も一戸建ての場合は解決が可

能ですが、マンションの場合の改修は厄介です。そこで問題点と対策を次の通り

述べます。

上へ
abc
NPO (特定非営利活動法人東京都認証)

★ 水蒸気はキッチンや浴室だけでなく、人間の体からも発生しますし、室内の観葉

  植物、金魚や熱帯魚の水槽、ガス、石油ストーブからも発生します。これらの水蒸

  気発生を押さえ風呂のフタを開け放しにしない、洗濯物を室内に干さないこと。

 単身赴任者などが換気を怠り、入浴も、炊事も多くは締め切った部屋内で行い、

 洗濯物も室内に干すことばかりを繰り返し、室内をカビだらけにしてしまうという話

 をよく聞きます。

★ 結露には窓ガラスや壁の表面に出来る『表面結露』と壁の内部に出来る『内部

 (壁内結露)』があります。表面結露は目に付いた時拭き取ることが出来ますが

 、内部結露は壁の内側で起こるので目に見えず、異常なかび臭さで気付くこと

 が多いようですこれは室内の暖かい空気が内装材を通過し壁に冷やされること

 によって起こります。

ハ ウ ス ド ク タ ー 集 団

防火性能


  
  一般的に木造は火に弱いと考えがちですが、実は案外火に強いのです。それは火

  が燃えた時は先ず表面が炭化し、その断熱効果によって周囲が高温になっても、木

  の内部まで燃え進むのを遅らせる効果が有るからです。そのため火災で木造住宅

  倒壊するまでの時間は柱の太さで決まることになり、当然太い柱を使った家の方が

  燃えにくくなり安全と言えます。

  火災の際にもっと怖いのは、新建材から発生する有毒ガスです。今の住宅ではカー

  テンや、壁、床、断熱材に使用する新建材の殆どが、有毒ガスを発生する可能性が

  有ります。

  出きれば化学系の材料を避け、出来るだけ自然素材を使った建材を多く使う配慮が

  大切です。

住宅性能保証制度ってどんな制度

a、外からの音を遮断するには

、完全な防音は難しい

b、内部の音を抑えるにはには

耐震性能

  大まかな既存木造住宅』の耐震性能の判断基準として以下の項目

挙げられます

a、木造住宅の建築時期による強度

   1981年6月に建築基準法が改正され、耐震基準が強化されました。1995年の阪神

     淡路大震災において、1981年以降建てられた建物の被害が少なかったことが報告

   されています。

b、建築時における建築士や建築基準法のチェック

   1、建築基準法による建築申請を受けている。

   2、新築時に住宅金融公庫の融資を受け、上棟後の現場審査に合格している。

    3、建築士の設計による。

c、建築基準法による耐震の考え方

   耐震基準の目標は、地震によって建物が壊れない様にする事でなく、『建物を使う

  人の安全を確保』する事と言えますもっと分かりやすく言えば、現在の建築基準法

  を満足している建築物(耐震充足度1.0)が、例えば阪神大震災の震度7の地域に建

  っていたとしたら、相当傾いてもはや修理できないくらいになるおそれがあります。し

  かし完全つぶれて、住人がその下敷きになって死ぬようなことは無いでしょうという

  事です。

d、誰でも出来る我が家の耐震診断

   耐震改修支援センターこちらにはかなり広い範囲の資料があります

   国土交通省住宅局監修   日本建築防災協会編

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html
   

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/seismic/file/wagayare.pdf

 ホームページ  個人住宅の問題  集合住宅の問題  高齢者、障害者の問題
  エコ住宅  景観、造園 設備、電気関係の問題  シックハウスの問題
点検、診断  Q&A  耐震と阪神地震の記録  シロアリの問題
最新 NEWS  メール、掲示板 世界の住宅  NPO概況&LINK

水道から赤水が出るので解決したい

赤水とは水道管内部や継ぎ手の腐食により錆が水の中に溶け出す現象です。水

道管は殆ど亜鉛メッキ硬化をしており亜鉛メッキ鋼管葉内部が亜鉛メッキされてお

り、これにより腐食を防ぎますが、水の中の酸素・塩素作用によりメッキ層が無くな

り腐食が発生します。海外の硬水地域では、水道管内でカルシュウム析出して膜

を作るため、鉄管を使用していても赤水が出ることは有りません。(但し大量のカル

シュウムが付着して詰まる場合がある)。防食処理した塩ビライニング鋼管を使用

している場合でも管の切断端部や接続ネジ部のコーティングの切れによって金属

が露出したり、接続されるバルブが異種金属あったりすると、錆が出る場合があり

ます。管内部の写真は下で見られます。

雨漏りを直したい

天井にシミがあるからといって、それが雨漏りによるとは限りません。屋根裏に湿気

が溜まり、結露となって天井にシミを作ることもあります。この場合天井裏の換気設

備を改善する必要がありますが、放置すると野路板の腐食が進んで屋根にまで影

響してしまいます。シミの原因が雨漏りで有る場合も屋根や雨樋の破損、防水用の

板金の不具合によるなどケースはさまざまです。いずれにしても素人が判断する

のは難しく、まして屋根に上がるのは大変な危険の上に瓦等の屋根材をいためる

恐れもあります。我々プロにお任せするの正解だと思います。

障子、襖の開閉不具合を直したい

日本家屋の障子・襖は、木の敷居を滑らせて開閉の用を足すのですが、年数を経

ると建物の構造の不具合、あるいは敷居の磨耗で凹凸が出来、開閉がスムース

でなくなります。これには簡便な補修が出来る「敷居スベリ」という敷居の溝に貼

るだけでよい便利なテープがあります。新築の時に貼っておけば10年以上もちま

すし、不快なガタピシが解決します。

木造住宅の場合、建築後1〜2年は若干の歪が生じます。 これは木材が乾燥し

ていく過程で起こるもので、本来はそれを考慮して建具を施工します。新築住宅

で夜中にバシッという音がするのはこの乾燥の例ですが、1〜2年で一定の基準

内に収まり、それ以上ひどくならなければ建築上の問題は有りません。しかし床

の隅がぎしぎしなったり、基礎にヒビが入るなどの症状が悪化し続ける場合は専

門家に診てもらう必要があります。玄関ドアーで上部に取り付けてあるドアーチェ

ックという開閉装置が不具合になった場合は、ネジ廻しで簡単に調整できます。

ドアの開閉不具合を直したい

今はやりのエコリフォームって何

火災発生から消火に要する時間 
   
   『消防白書』によると、殆どの火災は、火災通報から15分以内に消火活動が開始
  
  されています。(15分以内が95%)

木は鉄より強度が高い

  
木材の組織には空隙が多くあり、空気をたくさん含んでいるので、鉄に比べて熱

   を中に伝えにくく、また酸素が供給される表面からゆっくりと燃えていくので、急

   激に強度が落ちることは有りません。火災時における木材の炭化速度は、一分

   間に0.6mm〜0.8mm程度、仮に消火所要時間(15分間)、火にさらされても     
   9mmから12mmしか炭化しません。

   一方、鉄は熱を加えると急に強度が低下し変形しやすくなるので、おもい屋根を

   支える柱や梁などが曲がってしまい建物が倒壊します。それが如実に示された

   のが、アメリカのニューヨークで起きた貿易センタービルの倒壊です。


、隣家の建物が火災の場合

  
隣家に火災が発生した場合、炎は執拗に燃え広がり、軒裏、屋根、そして外壁に

   と襲い掛かります。木造住宅火災の燃焼温度は1200度に達し、3m離れた隣家

   の受ける温度は840度に達すると言われます。木材の着火温度は260度と言わ

   れるから、それまでの温度に抑える為の対策や隣家の建物のあき寸法を確保す

   ることが重要です。


d、法的な規制と建物種別(木造住宅の防火規制)

  ★防火地域
   
   100u以上は建築不可、延べ床面積100u以内は準耐火建築物とすれば建築可
   
   木造3階建て建築は不可

  ★準防火地域

   炎症の恐れのある部分の外壁、軒裏を防火構造にする。

   3階建ては準防火建築物にする。

  ★法22条地域

   建築物の屋根や外壁に一定の防火性能を確保させ、市街地の建築物の火災に
   
      よる延焼等の防止を図る区域です。

★ 壁の中に発生する内部結露は、壁内部の断熱かによって壁内に大きな温度差

 が生まれ、室内から発生した湿気によって内部結露が発生します。この場合結露

 はじめじめした体感につながりませんが、建物躯体の腐朽が進行するという深刻

 な事態になります。この内部結露は夏は冷房で冬は暖房で起こります。


上へ

abc

気密性の高い住まいの復旧で、結露の悩みが増えているようです。家全体がな

んだか湿っぽくなり、押入れの中や水廻りの壁などにカビが生えてきたというケー

スは良く聴きます。

b、室内に水蒸気を溜めない

C、建物をいためる内部結露

★、空気が通る隙間があれば、音は伝えてきます。家全体の防音となると、必ずど

  こかに排気口も吸気口もありますから、完璧というのは無理です。高断熱、高気

  密の家ではダクトで強制的に換気しますから、部屋から部屋へと音がダクトを通

  って伝わる可能性もあります。
★、固い壁は遮音すると同時に、音を反射して建物内部に伝えてゆきます。この

  ため壁や床に吸音させるように考えるようにします。壁や床の素材を変えたり

  、天井に吸音材をいれたり、2階の床材をフローリングからカーペットに敷き変

  えるだけで吸音効果は上がります。
  
  手軽に吸音させるには、固い素材の窓ガラスや壁の前にカーテンなどを取り付

  けることでも効果があります。又遮音効果は比重の大きな材質ほど利いていま

  すから、特殊用途の部屋で壁に鉛を貼ることもあります。

防音性能

上へ

★ こんな事で困っていませんか?お気軽に何なりとご一報下さい ★

浴室暖房乾燥機の利用も考えられます、業者に問い合わせショールームなどを

みて廻り快適な製品を探しましょう。脱衣室にストーブを置いたり、入る前に浴槽

のフタを開けておいたり、シャワーのお湯をを壁や床にかけておいたりの使いか

っても試してみたら如何ですか。

住まいの性能について

  (1)  私の住まいの耐震性能は大丈夫だろうか?       
   (2)  私の住まいの防火性能は大丈夫だろうか
   (3)  私の住まいの防音性能を上げたい
   (4)  私の住まいの防湿性能をもっと上げたい
   (5)  私の住まいの電気容量を増やしたい
   (6)  私の住まいの採光をもっと良くしたい
   (7)  私の住まいの風通しをもっと良くしたい
   (8)  住宅性能保証制度ってどんな制度
   (9)  今はやりのエコリフォームって何
   (10)  在宅要介護者を外部から映像確認出来る、携帯電話利用に
    よるシステムが出来ないか? 
  (11) その他 
 住まいの不具合について
   (1)  ドアの開閉不具合を直したい
   (2)  障子、襖の開閉不具合を直したい
   (3)  雨漏りを直したい
   (4)  水道から赤水が出るので解決したい
   (5) 浴室が寒いので直したい
   (6)  両親と同居になるので、バリヤーフリー住宅にするためのポイ
   ントを知りたい
   (7)  高齢者、障害者用の階段手すりを取り付けたい
  (8)  車椅子で出入りの安全なスロープを設置したい
  (9)  シックハウス症候群に対するリフォームをしたい
  (10) 木造の住まいで、床や柱がシロアリの被害を受けているとすれ
     ば如何したら良いのだろうか
  (11)  その他
 建築心得
   (1)  増築したいがお隣ともめごとにならないようにするには、どんな
   心配りをすればよいのだろうか
   (2)  二世帯住宅にリフォームしたいが、予め決めて置かなければ
   ならないのはどんな事
    (3)  リフォームしたいが資金不足、何か方法はないだろうか
   (4)  瓦屋根の葺き替えは、住みながら出来るだろうか
   (5)  リフォームか建て替えか、どう判断したら良いだろうか
   (6)  介護保険でリフォームの補助金は出るのだろうか
   (7)  その他
契約 
  (1)  事務所以外の場所で売買契約を結んだ場合、理由の如何を
   問わず解約できるのだろう か
  (2)  電子メールで建売住宅購入の意思表示をしても、所定の期間
     内に正規契約をしない限り失効となるのであろうか
     (3)  その
上へ

両親と同居するため、バリアフリー住宅のポイントを知りたい

http://house.tss-shop.com/c_k_danbouki/
http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/kankisen/pr/bath/eco_mist_b.html
防湿性能

浴室が寒いので直したい

京都の”NGO環境市民”が有害化学物質の含有量の少ない建材などを使ったリ

フォームの指南から始まったようです。エネルギーを浪費しないように気密性に重

点を置き造った建物は建材に含まれている有害な化学物質の影響を受けやすく

又内部結露からダニやカビの発生が起きやすい、これ等に考慮したリフォーム工

事をエコリフォームと言う、私たちの会員の家のエコハウスの工事の概要は此方

をご覧下さい、このリフォームは主に外断熱に主力を於いた築25年の建物ですの

で建材の化学物質からのシックハウスの発生は重点を置いていません。

★こちらからご覧下さい。

財団法人住宅保証機構が運営している住宅保証制度、別名住宅瑕疵担保責任

保険、まもり住まい保険のこと、『特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保当に関す

る法律』に基づく保険としてこの法律に保険法人として指定を受けた (財)住宅

保証機構全ての住宅事業者を対象として提供する保険です。

この保険は新築住宅の事業者当がこの機構との間で保険契約を締結するもので

、保険金は、住宅の構造耐力上主要な部分及び雨水の浸入を防止する部分の瑕

疵に起因して、住宅の基本的な耐力性能、防水性能を満たさない場合に住宅事

業者が住宅取得者に10年間の瑕疵担保責任を負担するすることによって被る損

害に対して支払われる。

消費者を守るしくみとして住宅事業者が倒産等の場合などの場合は住宅取得者

が直接(財)住宅保証機構に保険金を請求できる。

熱気が溜まるのは高い部分ですから、通風を確保するには、家の一番低い場

所と高い場所に開口部や換気口を設けることで、熱気を追い出すことが出来ま

す。しかし気密性の低い換気口は冬場に室内の温度を下げる原因にもなりま

す。換気口を設けるには冬のことを良く考えてからにしたいものです。又天井小

屋裏内に換気口をつけると通風効果は高くなります。

風通しを良くしたい

外からの採光を世路よくするには、窓を大きくするのが最も手っ取り早い方法で

す。しかし外壁は構造体になっていますから、安易に開口部にして窓と言うわ

けに行きません。

木造住宅の場合には、窓の上下は耐力壁壁として計算されていないのが普通

ですから、上下方向に大きくするのはそれほど難しくないはずです。又サッシを

入れ替えるときはを枠の周囲を有る程度壊して外すことになるので、外壁。内

壁とも補修が必要になります。屋根に板ガラスを入れたトップライト設置やガラ

ス瓦を利用する方法もあります。

採光をもっと良くしたい

子供の成長と共に電気製品が増え、たこ足配線になるなどの危険なケースが発

生しているようです。あなたの街に有る東京電力登録工事店の電気やさんに容

量アップの相談をしてください。

電気容量を増やす

上へ

★、音を防ぐには遮音と吸音という手段があります。大まかにいえば、硬い素材
  
  ほど音を遮り、やわらかい素材ほど音を吸収します。従って遮音の為には家 
 
  を硬い素材で包むようにすれば、防音効果は高められますが、既存の建物の
     
  壁を全部取り替えたり、建物の外部を包むような方法はコストがかさみますか

  ら、まずは音が入り込む隙間を少なくしたり、窓を遮音ガラス(複層ガラス)又

  はまずは音が入り込む隙間を少なくしたり、窓を遮音ガラス(複層ガラス)又は

  2重窓にしたりという手段が一般的です。

a、結露対策